身体のムダ毛に悩まされているならレーザー脱毛本当におすすめです

現在、レーザー脱毛を4年ほどやっています。

私はアリシアクリニックで顔以外の全身を申込みました。

レーザー脱毛はこれが初めてでしたが、とても効果があり満足しています。

レーザー脱毛を始める前は光脱毛をしていたのですが、それぞれ目的が異なるので注意したほうがよいと思います。

毛を薄くしたいなら光脱毛

これなら痛みもレーザーより少ないので、薄くしたいだけならこちらのほうがいいと思います。

生えてこなくするならレーザー脱毛か、電気脱毛。電気脱毛も体験したことがありますが、私は施術後放心状態になるほど痛かったです(人によっては我慢できるようですが)。

光脱毛とレーザー脱毛の痛みの違いですが、光脱毛は「輪ゴムをはじく」ような痛み、レーザー脱毛は「細い針を体に刺すような」痛みです。

別の表現をすると光脱毛は「表面」の痛さ、レーザー脱毛は「芯に届く」痛さです。レーザーのほうが痛いです。光脱毛もレーザー脱毛も黒い色(毛)に反応します。うまく反応すると毛が焦げるにおいがします。現在はレーザー脱毛1本に絞って施術しています。レーザー脱毛の施術は強い痛みを伴うので、施術前は非常にナーバスになりますが、終わるとルンルン♪です。

痛い分、手応えがあるからです。

施術後、2週間くらいで毛が抜けます。

VIO施術後はパンツに毛が落ちていたりします。

ビックリするくらい毛がなくなるので本当におすすめです。

とくにVIOは繊細な部分でカミソリを使うと荒れてしまったりするので、カミソリにより処理がなくなるだけでも非常に助かります。

さらに、生理時も衛生的で非常に快適です。

VラインIラインはデザインが選べる

ちなみにVライン、Iラインについては形が選べます。

自分で照射したい部分をカミソリで剃り、残したい部分は毛も残すという感じです。

実際どんな形にするべきか迷いますが、施術担当の看護師さんも相談に乗ってくれるので気軽に相談するといいかと思います。

施術されるほうは恥ずかしいのですが、相手は何人ものVIOラインを見ているのでそんなに気にすることもないかと思います。

光脱毛とレーザー脱毛をして気づいたのですが、光脱毛をしてからレーザー脱毛をしたほうが毛がなくなるのが早い気がします。

ワキとVラインでは、同じくらい太い毛が生えていたのですが、ワキのほうが先に毛が消滅しました(ワキは以前光脱毛をしていた)。

脱毛中は「日に焼けないこと」が鉄則ですが、これはやけどのリスクが高まるためです。それに施術時に痛みが増します。

また、乾燥している場合も痛みが増すので、施術前には入念にボディクリームを塗ることをおすすめします。

車買い取り専門店の「高く買います」は本当なのか?利ざやを稼ぐ、それが商売というもの、それを実感した

スバルレガシィB-4に乗っていたわたしは、親の高齢化に伴ない、車を背の高いワゴンタイプなら乗り降りし易いと思い、買い換えることにしました。

レガシィは背が低いスポーティなタイプで、腰を屈めないと乗りにくいし、頭がつかえる感じがすると言われていたこともあり、換えることにしたのです。

乗る車は見つけたのですが、レガシィをどうするかを考えたときに、引き取ってはもらえないだろうなと言う考えが頭をよぎりました。

気に入っていたので、10年近く乗っていたからです。

買取専門店ならと思いついた

車でラジオを聴いていたときに、車買取店の宣伝があり、そういえばそんな店があったなと思いつき、さらに最大手と言われているガリバーが通勤経路の近くにあることに思い当たりました。

そこである日、思い切ってそのガリバーに車の査定に行くことにしました。

店に車をつけてからは後悔することに

店について車を売りたいと告げて、査定をしてもらったのですが、店員が余り乗り気ではない様子。

査定が終わったので査定の金額を聞くと、当初の予定金額とは違い、遥かに低い金額です。

どうやらレガシィは不人気車種といいたいようです。レガシィは確かにマニアはいますが、もっと年式の若いものは即売れると言っています。

こちらとしては車を換えることは決定しており、新しく車の納車も決まっている段階となっており、売らなければならないことになっています。

時間をとられたうえ、安い値段でとなると相当がっかりしてしまいましたが、仕方なく車を売ることにしました。後悔することしきりです。

謳い文句には惑わされるな

確かによく宣伝はしています。宣伝では高く買いますと、いつも言っています。しかしそれは謳い文句です。決して高く買うわけではない。

「高く買ってもらえるのに越したことはないが、高くはとってくれないだろう」という心理をつくというか、そういう見極めをして金額を算出するのが、やっぱり商売と言うことでしょうか。

私の場合、そのような心理で安い値段を最初に言ってしまい、その値段で売ることになったので、やっぱり強気で売りたい値段を高く言って、だめなら別の買い取り専門店に行くほうがよいと思います。あとで、ガリバーからハガキが来ました。

1ヶ月程度で私の売ったレガシィに買い手がついたそうです。

もっとかかると正直なところ思っていたので、こんなに早く買い手がつくなら、もっと高く売れたんじゃないかと思いました。

やはり店員の不人気車と言う言葉には、何を持って不人気と言うのか、根拠を示せというべきだったと後悔しても、後悔先に立たずです。

最大手とは名ばかりの、ガリバーのやり方には憤りを感じつつも、商売とはこういうものなんだなと実感しました。